トップ  »  コンピュータガイド  »  開発言語・スクリプト  »  JavaScript  »  JavaScriptの特徴

JavaScriptの特徴

インタープリタ型のスクリプト言語である

JavaScriptはその名のとおりスクリプト言語です。
スクリプト言語で作られたソースコード(スクリプト)は所謂インタープリタ型で、実行時に機械語に変換(コンパイル)されます。
その為、プログラム作成時にコンパイルする必要がありません。
プログラムの作成者はソースをHTMLの中に直接書き込むか、外部ファイルに書き込んだものをHTMLファイルから呼び出すようにします。
このため、プログラムの作成や修正などが比較的容易に行えるのです。

クライアントサイドスクリプトである

JavaScriptはウェブブラウザ等に組み込まれた実行エンジンによって実行されます。
つまり、サーバ側で処理され実行結果だけが送られてくるのではなく、サーバから送られたHTMLファイルのソースをウェブブラウザが解釈し、JavaScriptの記述があればそれを実行するのです。

これにより、サーバはプログラム実行の為にリソースを奪われる事がなく、サーバへの負荷やトラフィックの増大を回避することができるのです。

オブジェクト指向言語(オブジェクトベース)である

JavaScriptはオブジェクト指向の簡易プログラミング言語(スクリプト言語)です。
但し、JavaScriptには様々な制約があり、厳密な意味ではオブジェクト指向と呼ぶには異論をお持ちの方も多くいらっしゃいます。
基本的にC++Javaなどとはオブジェクトの考え方が違うので仕方ないですね。
まあ、インスタンスベース、またはオブジェクトベースのオブジェクト指向言語であるというのが正しいでしょうか。

JavaScriptには"navigator"や"window"を頂点としたツリー構造の定義済みオブジェクトが用意されています。
これらを利用する事で初心者でも比較的簡単にプログラムを作る事が出来ます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ezms.net/mt/mt-tb.cgi/22