トップ  »  コンピュータガイド  »  開発言語・スクリプト  »  JavaScript  »  JavaScriptの歴史

JavaScriptの歴史

誕生

1994〜1995年頃、当時はまだ静的だったWebページにインタラクティブな機能を持たせる、或いはウェブブラウザの機能向上の目的でNetscape社Brendan Eich氏によって開発された"LiveScript"というスクリプト言語がJavaScriptの起源であり、これを元にSun Microsystems社Netscape社が共同開発し、1995年に"JavaScript"として共同発表しました。そして同じく1995年にリリースされたNetscape社のウェブブラウザ"NetscapeNavigator2.0"に組み込まれ、広く認知されるようになったのです。

それまで動的なWebページはCGIで生成する事が一般的でしたが、CGIなどサーバ側で処理されるプログラムはサーバに命令を送信して、その処理結果に基づきページが生成される為にアクセスの集中するサーバでは負荷の増大に伴って処理が遅延するなどの問題もありました。これに対し、JavaScriptは処理自体をクライアント側で行う為、サーバ側の負荷を軽減させる事が出来るという点で注目されていったのです。

ちなみに、"LiveScript"がJavaScriptと名称が変わった事情に関してはSun Microsystems社との提携、以降の共同開発によるところですが、一説にはこの提携事態に当時大いに注目を集めていた"Java"の勢いに便乗しようというNetscape社の思惑があったとか無かったとか...。

混沌

そして、JavaScriptの趣旨や有用性を感じた様々な企業がJavaScriptの採用を表明し、1996年5月にはSun Microsystems社により、Microsoft社を含む数社にライセンスが供与されました。
しかし当時はNetscape社の"NetscapeNavigator"とMicrosoft社の"InternetExplorer"のウェブブラウザシェアの取り合い、いわゆる第一次ブラウザ戦争の頃で、両社競い合うように様々な拡張機能を盛り込み、結果として互換性が保たれなくなりました。

利用者も、比較的容易に利用可能な上にWebページを動的に飾れることから、当時の俄クリエーターや個人サイト運営者などを中心に利用者(利用サイト)を増やしていったのですが、余りJavaScriptの仕様や互換性などの技術面は深く考えず使用するサイトが多く、逆にJavaScriptの評判を下げる結果になってしまいました。

更に、怪しいH系サイトなどでよく見る「閉じれば閉じるほどウィンドウが増えてく」様なものなど、JavaScriptの技術を悪用するサイトも増えはじめ評判は益々悪くなる一方でした。

標準化

その後、これらをまとめる為に1997年08月にECMA(ヨーロッパ電子計算機工業会)よりECMA-262規格というJavaScriptにおける標準規格(仕様)が公開され(この仕様に準拠するJavaScriptを通称ECMAScriptという)、標準化への道を歩みだす訳ですが事実上の標準化という意味では少々問題があったようです。
この辺りの事情は"JavaScriptの問題点"のページで触れています。

現在

現在ではポップアップ広告のブロックなどJavaScriptを悪用したサイトに対するセキュリティソフトやブラウザの機能追加によって、JavaScriptを使う意味をなくしたこうしたサイトは余り見掛けなくなってきました。
更に、誰もが知るところの大手サイトがJavaScriptを使用し、有益なサービスを提供するようになって少しづつですがJavaScriptが見直されてきました。

また、JavaScriptの非同期通信を利用したAjaxといった新たな技術手法が現れ、再び注目を集めているのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ezms.net/mt/mt-tb.cgi/21