トップ  »  コンピュータガイド  »  開発言語・スクリプト  »  PHP  »  PHPについて

PHPについて

PHPとは?

PHPとはPHPマニュアル(日本語訳)の第 1章入門を読むと

PHP("PHP: Hypertext Preprocessor" の再帰的略語です)は、広く使われているオープンソースの汎用スクリプト言語です。PHPは、特にWeb開発に適しており、HTMLに埋め込むことができます。

という書き出しから始まってサラッと極々簡潔な説明がされています。

HTMLに埋め込むスクリプトというとJavaScriptがありますが、JavaScriptがクライアント側で処理されるのに対しPHPはサーバ側で処理されその結果がクライアント側に渡されるという違いがあります。

PHPには豊富な組み込み関数が用意されていてプログラマはそれらの関数を呼び出すだけで面倒な処理をいちいち記述する手間から開放されます。これはソースを単純化してプログラムミスを減らす事にも役立っています。
また、PHPはCやPerlなどの言語に似せて作られてはいますが、その文法はとてもシンプルで初心者にも扱い易いものになっています。この辺りが爆発的に普及した要因でしょう。

PHPの生い立ち

PHPはもともと1995(1994?)年にRasmus Lerdoftという方が個人的に開発したもので、当時はPHP/FIという名称でした。
その後1997年に現Zend TechnologiesのAndi Gutmans氏と同社PHP Group CTOであるZeev Suraski氏によって新たに開発されたバージョンPHP3.0がリリースされました。

これらをオープンソースとすることで世界中のエンジニアが様々な追加機能を開発し、それらを組み込むことでどんどん充実し、進化してきたのです。
現在では様々なプラットフォーム(OS、Webサーバ)に組み込み可能となっており、それらのソースやバイナリはいつでもPHP.net(本家)のダウンロードページなどから無償でダウンロード、使用が可能です。

ちなみに、phpcredits関数を使えばPHPのクレジットを表示させることができ、それらコア開発者のリストの中に彼らの名前を確認することが出来ます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ezms.net/mt/mt-tb.cgi/26