トップ  »  コンピュータガイド  »  サーバ関連  »  Apache  »  Apacheについて

Apacheについて

Apacheとは?

Apacheは世界でもっとも利用されているWebサーバで、個人の自宅サーバから大規模な企業サーバと幅広く利用され、いまや押しも押されぬWebサーバの代表格です。
そのApacheの起源はNCSAで開発された"NCSA HTTPd"というWebサーバにあります。

WWWは元々CERNにおいて遠隔地との情報共有の為に開発された物で、そのWebサーバとして既に"CERN httpd"が開発されていましたが、"NCSA HTTPd"はこれらに"CGI"や"SSI"といった機能を備えており、徐々にシェアを拡大していったのでした。
そして、1998年に"NCSA HTTPd"の開発は終了しますが、Apache Groupが引継ぎ(といっても"NCSA HTTPd"がベースになっているだけで別物という位置付けのようです)、現在の世界一のシェアを誇る"Apache(Apache HTTP サーバ)"となっていったのでした。

この辺りの事はJAPAN APACHE USERS GROUPApacheの紹介 - Apache とその歴史では以下のように解説されています。

現在インターネットにおいてWWW(World Wide Web)は、インターネットの代名詞といっても過言ではないくらい大変多く利用されていますが、その中でもApacheは世界一のシェアを誇るWWWのサーバ用ソフトウェア(ウェブサーバ)です。
そもそも、WWWというのは1989年にスイスの欧州粒子物理学研究所(CERN)において情報の交換用に開発されたもので、HTMLで記述された文献を、遠く離れたコンピュータから閲覧することを考慮していました。なぜ、このようなことが必要になったかといいますと、CERNでは加速器を使って高エネルギー物理学の実験を行う施設が在り、その施設に世界中の偉い先生が集まって研究をしていたのですが、実験終了後に世界中に研究者が散らばってしまい、文献の共有が難しくなったために、円滑な文献交換が行えるようにといった背景が在ったわけです。
その後、アメリカのNCSAにおいてCERNと同様に「分散した研究者の共同研究において効率良く情報交換をする」ための研究を行っていたチームがWWWに目をつけグラフィックの扱えるようになったWWWブラウザ「Mosaic」を開発するに至ります。

このとき、ウェブサーバとしては、CERNの作ったものとNCSAが作ったものが在りましたが、NCSAの方は「CGI」や「SSI」などの機能を開発して、マニア受けするさまざまな機能を搭載し、後発ながらCERNのウェブサーバから着々とシェアを奪って行きました。
といえども、さまざまな機能を盛り込んだNCSAのウェブサーバは多くのバグが含まれており、堅実さのCERNと機能のNCSAという位置付けが出来てきました。
その後、NCSAにソフトウェアパッチ(間違い部分を修正するファイル)を提供していた人達が集まり、NCSAをベースとした別のウェブサーバのソフトウェアを開発するに至ります。
これが、本日のお題であるApacheであり、その名の通り「A patch」(パッチを当てた)をもじってアメリカの先住民族の部族名であるApacheとダブらせて名づけられています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ezms.net/mt/mt-tb.cgi/1