トップ  »  コンピュータガイド  »  サーバ関連  »  Apache  »  "Apache1.3.37"のLinuxでの設定

"Apache1.3.37"のLinuxでの設定

とりあえず動かす為の設定

Apacheの設定ファイルは"[Apacheのインストールディレクトリ]/conf/httpd.conf"です。
編集個所は、とりあえず"ServerAdmin"と"ServerName"のみでよしとしときます。
実際にはインストールしたままの状態でも動かす事は出来ますが、必要最低限このくらいは設定しておいた方が良いかと...。
※以下は"/usr/local/apache"にインストールした例

[user@host user]$ su -
Paassword:
[root@host root]# vi /usr/local/apache/conf/httpd.conf
                   :
#
ServerAdmin webmaster@ezms.net   (自分の環境に合わせて変更)
                   :
#
ServerName www.ezms.net   (アンコメントして自分の環境に合わせて変更)
                   :
:wq   (保存して終了)
[root@host root]#

PHP4を使う為の設定

Apacheの設定ファイルは"[Apacheのインストールディレクトリ]/conf/httpd.conf"です。
編集個所は、"DirectoryIndex"の追加と、"AddType"でPHPを有効にする部分です。
※以下は"/usr/local/apache"にインストールした例

[user@host user]$ su -
Paassword:
[root@host root]# vi /usr/local/apache/conf/httpd.conf
                   :
#
<IfModule mod_dir.c>
    DirectoryIndex index.html index.php   (必要に応じて追記)
</IfModule>
                   :
    # And for PHP 4.x, use:
    #
    AddType application/x-httpd-php .php   (アンコメント、又は追記)
    AddType application/x-httpd-php-source .phps   (必要に応じて)
                   :
:wq   (保存して終了)
[root@host root]#

自動起動の設定

Apacheをソースからインストールしたままですとマシンを起動しなおす度にApacheも手動で起動しなくてはいけません。
コレはちょっと不便なのでマシンが起動すると同時にApapcheも起動するように設定します。
自動起動の設定にはいくつか方法がありますが、今回は簡単に済ませる方法を2つ紹介します。

"/etc/rc.d/rc.local"への追記

まず1つ目は、"/etc/rc.d/rc.local"に以下の様に追記する方法です。
とりあえず、Apacheが自動起動すればよいという場合にはこれだけでOKです。

[user@host user]$ su -
Paassword:
[root@host root]# vi /etc/rc.d/rc.local
#!/bin/sh
#
# This script will be executed *after* all the other init scripts.
# You can put your own initialization stuff in here if you don't
# want to do the full Sys V style init stuff.
                   :
/usr/local/apache/bin/apachectl start   (追記した部分)

:wq   (保存して終了)
[root@host root]#

ランレベル毎のシンボリックリンクを作成

もう1つの方法は、各ランレベル毎にシンボリックリンクを作る方法です。
実は"apachectl"はApacheの起動・停止を制御するシェルスクリプトで、受け取った引数に基づいて処理をしてくれるので特に編集する必要も無くLinuxの起動・停止と連動してくれるのです。
この方法ですと、Linuxの起動時のサービス起動ステータスにも表示されますのでApacheの起動の成否を視覚的にも確認できますし、ランレベル毎の挙動も制御できます。

まず、"/usr/local/apache/bin/apachectl"を"/etc/rc.d/init.d/httpd"としてコピーします。
次に各ランレベル毎のディレクトリにシンボリックリンクを作成して完了です。
※ファイル名はあくまで便宜上"httpd"としているだけで"apachectl"のままでも大丈夫です。

[user@host user]$ su -
Paassword:
[root@host root]# cp /usr/local/apache/bin/apachectl /etc/rc.d/init.d/httpd
[root@host root]# chmod 700 /etc/rc.d/init.d/httpd
[root@host root]# ln -s /etc/rc.d/init.d/httpd /etc/rc.d/rc0.d/K15httpd
[root@host root]# ln -s /etc/rc.d/init.d/httpd /etc/rc.d/rc1.d/K15httpd
[root@host root]# ln -s /etc/rc.d/init.d/httpd /etc/rc.d/rc2.d/K15httpd
[root@host root]# ln -s /etc/rc.d/init.d/httpd /etc/rc.d/rc3.d/S85httpd
[root@host root]# ln -s /etc/rc.d/init.d/httpd /etc/rc.d/rc4.d/S85httpd(※1)
[root@host root]# ln -s /etc/rc.d/init.d/httpd /etc/rc.d/rc5.d/S85httpd
[root@host root]# ln -s /etc/rc.d/init.d/httpd /etc/rc.d/rc6.d/K15httpd
[root@host root]#

※1:ランレベル"4"は未使用のランレベルなので作らなくても問題ありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ezms.net/mt/mt-tb.cgi/3