トップ  »  コンピュータガイド  »  サーバ関連  »  Postfix  »  Postfixのエイリアス設定

Postfixのエイリアス設定

概要

"root"宛てのログメールや"webmaster"宛てのメールなど、担当者が自分のメールアカウント以外に"root"や"webmaster"などの別プロファイルをメーラーに設定して受信するのはあまり効率的ではありません。
また、 担当者が複数いる場合にはメールをサーバ上に残す様にメーラーを設定する事になり、誰かが消さない限りサーバ上にメールが残ります。
この様な場合、エイリアスを設定して管理者や担当者のメールボックスなどに転送する事によって解決します。

設定ファイルの編集

設定ファイルは"/etc/alieses"です。これをviエディタなどで編集します。
記述方法としては、"[エイリアス名]: [転送先]"のようになります。

下記の例では"MAILER-DAEMON"宛てのメールは"postmaster"へ転送され、"postmaster"、"webmaster"宛てのメールは"root"へ転送されようになっています。
これによってそれぞれのエイリアス宛てのメールは全て"root"宛てに転送される事になります。
後は"root"宛てのメールの転送先にユーザ(管理担当者)のアドレスを指定してあげればログやエラーメール等の重要なメールをチェックし忘れる事も無くなるでしょう。
メールを受け取るユーザが複数いる場合は、それぞれカンマ(,)区切りで記述します。

[user@host user]$ su -
Paassword:
[root@host root]# vi /etc/alieses
                   :
# Basic system aliases -- these MUST be present
MAILER-DAEMON:	postmaster
postmaster:	root
webmaster:	root
                   :
# Person who should get root's mail
root:		user1,user2,user3
                   :
:wq   (保存して終了)
[root@host root]#
		

aliases.dbへの反映

コンソールから"newaliases"コマンドを実行する事によって上記変更が反映されます。
DBの更新(反映)をしないと転送はされません。

[root@host root]# newaliases
[root@host root]#
		

これらを応用して、採用担当用のエイリアスを作って人事担当者全員に転送設定する事で応募の問い合わせを共有するとか、部署単位で簡易的なメーリングリストを作るなんて使い方も出来ますね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ezms.net/mt/mt-tb.cgi/7