トップ  »  コンピュータガイド  »  ウェブサービス  »  「いいね!」ボタンのバグでGoogle Analyticsのページビュー数が跳ね上がる!?

「いいね!」ボタンのバグでGoogle Analyticsのページビュー数が跳ね上がる!?

トラブルの内容

Google Analiyticsは以前から利用していて、ほぼ毎日チェックしていました。
当サイトはお世辞にも情報満載とは言えないので大したアクセス数もページも無い訳ですが、昨日のページビューが異常でした。
訪問者数に対して、なんと10倍近い数字になっておりました。

これはどう考えてもGoogle側で何か変更があったか、計測値に誤りがあるか、何か仕掛けられているかです。
単なる計測ミスなら良いですが、何か大事になっても困ります。
と言う事で、もう一度キチンと調べてみました。

原因

結論から申し上げますと、Facebookの「いいね!」ボタンが原因でした。

Analiyticsのレポートをよく見るとページビュー数が異常に跳ね上がっているページのURLには「?fb_xd_fragment=」というパラメータの指定が付いていました。
当サイトではGETパラメータを渡す様な作りはしていませんので、間違いなく意図しないプログラムが動いています。
パラメータ名を見ると「fb」から始まっています。
これはFacebookが絡んでいるのかと当たりを付けてFacebook Developerページでも調べてみるかと思ったのですが、その前にちょっとググってみました。
いっぱい出てきましたw とりあえず、参考にした2サイトは以下のとおり。

察するところ、Facebookの「いいね!」ボタンにバグがあって描画の度に複数のリクエストが送信されてしまうといったところですかね。

解決策

とりあえず、上記サイトの情報を元にGoogle Analiyticsにフィルタを設定し、これらのページビューがカウントされない様にしました。

Google Analiyticsの管理画面右上の「アナリティクス設定」をクリックし、設定画面に切り替えます。
次に「プロファイル」タブの「フィルタ」タブをクリックします。
「フィルタ」タブの中の[ +新しいフィルタ ]ボタンをクリックすると以下の様なフィルタ設定画面が開きますので、各項目に入力して[ 保存 ]ボタンをクリックしてフィルタ設定を追加します。

Ishot 20120604 154242 11

これで「fb_xd_fragment=」を含むURLに関しては計測から除外されますので、より正確な解析結果になるはずです。
この状態でしばらく経過観察をしたいと思います。

当サイトのMT化と同時に各種SNS連携のボタンやらを設置したのですが、真逆そこに原因があったとは思いもしませんでした。
設置から結構経ってるんですけどね。